T20シリンダー

約2,935億通りの
理論鍵違いが作る安心

あらゆるキープランに対応可能な
鍵違い数
高性能20ピンを3方向から3段変化・4段変化させます。そのために理論鍵違い数は約2,935億通りとなり、あらゆるキープランに対応可能となっています。
ピッキングなどの不正解錠が困難
ピン作動の微小な誤作動にも反応するアンチピッキングピンを採用することと複雑なピン配列により、特殊工具を用いたピッキングの不正解錠を防ぎます。
ドリル破壊行為にも対処
シリンダーユニット内に高硬度ボールおよびピン(特殊焼入鋼)を複数設けて、後部には高硬度プレートを組み込むことで、ドリルなどを使用した破壊行為に対する防犯性を飛躍的に高めました。
不正複製が困難
高精度の切削機によって3方向から刻まれるディンプルカットは、単なる皿穴だけでなく複雑な楕円形との組み合わせと微小な深さ違いを感知し、解錠できない設計にしているため、キーの不正複製が極めて困難です。
使いやすさを考慮した設計
シリンダーのキー差し込み口にはすり鉢形状を採用し、ディンプルキーは上下対称のカットを施していますので、リバーシブルで操作することができ、お年寄りから小さなお子様まで、キーを差し込みやすい設計にしています。キーは回転操作しやすいタテ穴形状を採用し、キー操作は抜き差し位置がわかりやすいクリック感をもたせる設計にしています。
優しいフォルムのキーデザイン
操作する手に優しく使いやすさを追求したClavis独自のディンプルキーデザインが誕生しました。
原理
  • キーを抜きとった状態では図-1に示すように、ピンがスプリングに押され、内筒を貫いているため、内筒を回転させることができません。
  • キーを差し込むと、ピンが持ち上げられ、ピンのシアラインがそろい、内筒を回転させることができます。(図-2)

SHOP SEARCH

スペアキー、シリンダー交換のご注文や
何かお困りのことがございましたら
お近くのサービス代行店にご連絡ください。