1新しいユーザーに合鍵を発行する

合鍵を発行したい方のスマートフォンにTebra connectアプリをインストールいただき、ユーザー登録をします。
インストールからユーザー登録までの手順はこちらをご参照ください。

2新しいユーザーに合鍵を発行する

玄関錠の合鍵発行権限をお持ちのアカウントでログインし、メインメニューの「合鍵発行」をタップします。

3新しいユーザーに合鍵を発行する

合鍵を発行する玄関錠を選択します。

4ルーターが接続されている場合

新規ユーザーへの合鍵発行手順は2種類あります。いずれかを選択し、操作してください。

  • ユーザーIDで新規登録:
    「ユーザーIDで登録する場合」を参照ください。
    ユーザーIDを利用した宛先登録です。遠方にいるユーザーを登録することができます。遠隔で登録するため認証手順が多くなります。
  • QRコードで新規登録:
    下記の「QRコードで登録する場合」を参照ください。
    合鍵発行先ユーザーのマイQRコードを読み取ることで宛先登録します。遠方のユーザーを登録することはできません。

QRコードで登録する場合

1QRコードで登録する場合

まず、合鍵発行先ユーザーにマイQRコードを表示してもらいます。
合鍵発行先ユーザーのスマートフォンで、メイン画面左上のアイコンをタップします。

  • 合鍵発行先のユーザーに表示される錠の名称は、発行者の設定が反映されます。
  • 住所を入力している場合は住所も表示されます。

2QRコードで登録する場合

「アカウント管理」をタップします。

3QRコードで登録する場合

「マイQRコードを表示する」をタップすると、アカウント登録用のQRコードが表示されます。

4

合鍵発行者のスマートフォンでアイコンをタップします。表示されるダイアログの「QRコードで登録」を選択して「OK」をタップし、合鍵発行先ユーザーのマイQRコードを読み取ります。

QRコードで登録する場合

5QRコードで登録する場合

表示されるダイアログの「OK」をタップします。

6QRコードで登録する場合

表示される合鍵新規ユーザー登録画面で合鍵発行先ユーザーの登録名を入力し、種別のドロップダウンリストから「居住者」「居住者以外」のいずれかを選択します。
「合鍵設定項目一覧」を参考に残りの合鍵設定を入力し、「登録」をタップします。

QRコードで登録する場合
  • 合鍵発行先のユーザーIDはすでに入力された状態で表示されます。
  • 1つの玄関錠に対し、合鍵は10本まで発行できます。
  • 「直近の設定を参照する」には直近で発行した合鍵が3件まで表示されます。表示されている合鍵にチェックを入れると、その合鍵の設定を流用することができます。

7QRコードで登録する場合

表示されるダイアログの「OK」をタップすると、合鍵の発行が完了します。

ユーザーIDで登録する場合

1ユーザーIDで登録する場合

合鍵ユーザー画面右上のアイコンをタップし、表示されるダイアログの「ユーザーIDで登録」を選択して「OK」をタップします。

2ユーザーIDで登録する場合

表示される合鍵新規ユーザー登録画面で合鍵発行先ユーザーのユーザーID(メールアドレス)と登録名を入力し、種別のドロップダウンリストから「居住者」「居住者以外」のいずれかを選択します。
「合鍵設定項目一覧」を参考に残りの合鍵設定を入力し、「登録」をタップします。

ユーザーIDで登録する場合
  • Tebra connectアプリをインストールしていないユーザーID(メールアドレス)に合鍵を発行した場合は、送付先のメールアドレスにアプリのインストール方法が案内されます。
  • メールアドレスにメールが届かない場合は、ご入力いただいたアドレスに誤りがないかご確認ください。アドレスに誤りがない場合は、お使いのメールアプリのフィルター設定をご確認いただき、当アプリからのメールが受信できるよう設定を変更してください。
  • 「直近の設定を参照する」には直近で発行した合鍵が3件まで表示されます。表示されている合鍵にチェックを入れると、その合鍵の設定を流用することができます。

3ユーザーIDで登録する場合

表示されるダイアログの「OK」をタップし、合鍵発行先ユーザーに合鍵を発行します。

合鍵発行先ユーザーに表示される錠の名称は、発行者の設定が反映されます。住所を入力している場合は住所も表示されます。

4ユーザーIDで登録する場合

合鍵発行の通知を受信した合鍵発行先ユーザーはTebra connectアプリにログインします。
追加されている鍵をタップし、鍵申請をします。鍵申請をすると、合鍵発行者に鍵申請通知が送信されます。

5ユーザーIDで登録する場合

鍵申請を受信した合鍵発行者は合鍵ユーザー画面を開き、申請がきた合鍵発行先ユーザーをタップして承認します。
承認が完了すると、合鍵の使用が可能になります。

1つの玄関錠に対し、合鍵は10本まで発行できます。
合鍵の設定項目は下記のとおりです。「居住者」と「居住者以外」で内容は異なります。

「居住者」で設定いただける内容

「居住者」で設定いただける内容

 

※ ご契約プランによっては設定できません。
遠隔施錠 外出中にご自宅の玄関錠の解錠・施錠状態を確認し、施錠の操作を行う権限を付与する場合はチェックを入れます。
有効期間 居住者の合鍵の有効期限は「無制限」で固定されます。
時間帯 居住者の合鍵の時間帯制限は「無制限」で固定されます。
曜日 居住者の合鍵の曜日制限は「無制限」で固定されます。
回数 居住者の合鍵の使用回数制限は「無制限」で固定されます。
権限付与 合鍵を発行できる権限を付与する場合はチェックを入れます。
操作記録の送信 合鍵で解錠・施錠の操作を行った際に操作記録を送信します。
通知受信設定 全ての通知をONにする すべての通知を受信します。
解錠通知 /帰宅通知受信 合鍵やTebra認証キーで解錠の操作を行った際に通知を受け取ることができます。
施錠通知 /外出通知受信 合鍵やTebra認証キーで施錠の操作を行った際に通知を受け取ることができます。
録画通知受信※ ご自宅に設置されているconnectカメラが録画を開始した際に通知を受け取ることができます。
玄関錠の電池減通知受信 ご自宅の玄関錠(Tebra cell)の電池残量が少なくなった際に通知を受け取ることができます。
閉め忘れ通知受信 ご自宅の玄関錠の施錠がされていないとき、解錠から10分後に1回、解錠から60分後に1回の合計2回通知を受け取ることができます。
長時間未使用通知受信 24時間ご自宅の玄関錠の解錠・施錠が行われていない場合に通知を受け取ることができます。

「居住者以外」で設定いただける内容

「居住者以外」で設定いただける内容

 

※ ご契約プランによっては設定できません。
有効期間 合鍵を使用できる期間を設定します。
時間帯 合鍵を使用できる時間帯を設定します。
曜日 合鍵を使用できる曜日を設定します。
回数 ご自宅の玄関錠を解錠できる回数を設定します。共用部の解錠回数は無制限です。
操作記録の送信 合鍵で解錠・施錠の操作を行った際に操作記録を送信します。
録画設定※ 合鍵を使ってご自宅の玄関錠を解錠した際にconnectカメラで録画を行うか選択します。
connectカメラが設置されていない住居で合鍵の録画設定を有効にすると、解錠の操作が正常に動作しません。カメラがない場合は録画設定はせず、玄関錠の設定をconnectカメラ無しに切り替えてください。設定の変更方法は「玄関錠の設定を編集」をご参照ください。
施設のエントランス、エレベータなどの共用スペースにおける解錠手順です。

1発行済みの合鍵設定の編集 / 合鍵の再発行

メインメニューの「合鍵発行」をタップします。

2発行済みの合鍵設定の編集 / 合鍵の再発行

合鍵を発行する玄関錠を選択します。

3発行済みの合鍵設定の編集 / 合鍵の再発行

合鍵ユーザー画面に表示されているユーザーの中から合鍵の発行先を選択します。

オーナー権限を持つユーザーの場合、オーナー自身を選択して編集することも可能です。

4発行済みの合鍵設定の編集 / 合鍵の再発行

合鍵ユーザー詳細画面右上の「編集」をタップします。

5発行済みの合鍵設定の編集 / 合鍵の再発行

合鍵の設定を編集し、「発行」をタップします。設定内容の詳細は「合鍵設定項目一覧」をご参照ください。

6発行済みの合鍵設定の編集 / 合鍵の再発行

表示されるダイアログの「OK」をタップします。

合鍵の使用期限が切れているユーザーに対して同様の操作を行うことで、合鍵を再発行できます。

7

発行が完了すると、合鍵ユーザーが使用している合鍵が更新されます。

※ オーナー権限、または合鍵発行権限を持つユーザーのみ合鍵の削除と無効化を行うことができます。

1合鍵の削除と無効化

合鍵ユーザー画面に表示されているユーザーの中から削除または無効化する対象を左にスワイプします。

2合鍵の削除と無効化

表示されるメニューの「削除」または「無効化」をタップし、表示されるダイアログで「OK」をタップします。

削除と無効化について
  • 削除………
    合鍵ユーザーリストから削除します。再度合鍵を発行するには合鍵新規ユーザー登録が必要です。
  • 無効化……
    設定された時間・曜日・回数に関係なく一時的に合鍵を使用できない状態にします。合鍵ユーザーをスワイプし、有効化をタップすると再度使用できるようになります。