Tebra connectでご契約いただいているプランについてご紹介いたします。プランによって使用する機器の一部が異なります。

Tebra connect関連機器の解説

※ 一部のプランでは使用しない機器もあります。
A Tebra plug ご自宅の玄関扉に設置される電気錠システムです。2種類の形状があり、操作電源盤と接続されることで稼動します。閉扉センサーが付属しています。
製品の詳細は別紙「Tebra plug / Tebra cell取扱説明書」をご確認ください。
B Tebra cell ご自宅の玄関扉に設置される電池錠システムです。2種類の形状があり、電池によって稼動します。
製品の詳細は別紙「Tebra plug / Tebra cell取扱説明書」をご確認ください。
C 操作電源盤AC100V ご自宅に設置されている電源盤です。操作電源盤にTebra plug、ゲートウェイが接続されます。設置位置の例:インターホン親機の近く(キッチン付近)など
D ゲートウェイ Tebra plugの解錠・施錠状態の情報取得および遠隔操作を行うための機器です。ご自宅に設置されておりますのであらかじめ位置をご確認ください。設置位置の例:下駄箱上段、廊下・リビングの収納スペースなど
仕様
  • 消費電力(最大): 3.4W
  • 消費電力(待機): 2.6W
  • 使用温度範囲  : -10℃〜+50℃
  • 使用湿度範囲  : 30〜90%RH (※ 結露または氷結は避けてください)
E ルーターAC100V インターネット接続に使用するルーターです。お住まいの住宅によって設置されている場合とされていない場合があります。設定されていない場合は個人でご用意ください。設置位置の例:下駄箱上段、廊下・リビングの収納スペースなど
F connect カメラAC100V Tebra connectと連動するネットワークカメラです。カメラ有りのプランでご契約いただいている場合はご自宅の玄関周りに設置されておりますので、あらかじめ位置をご確認ください。設置位置の例:玄関先、廊下の天井(玄関が映る範囲)
G 共用部リーダ お住まいの住宅のエントランスやエレベータなどに設置されている解錠用のセンサーです。
H スマートフォン Tebra connectのアプリをインストールいただく携帯端末です。個人でご用意ください。アプリ上で発行した合鍵を使用してご自宅の玄関錠の解錠・施錠などができます。
I Tebra 認証キー 錠に付属するハンズフリーキーや非接触キーです。お住まいの住宅により、認証キーの種類は異なります。
詳細は「Tebra plug / Tebra cell取扱説明書」をご確認ください。資料ダウンロードはこちら

Tebra plugの場合

Tebra plugはご自宅の玄関扉から操作電源盤に接続して稼動します。プレミアムプランでは操作電源盤を通してゲートウェイに接続し、ゲートウェイにルーターが接続されることで、解錠・施錠状態などの情報取得や遠隔操作などのサービスをご利用いただけます。

Tebra cellの場合

Tebra cellは電池によって稼動します。操作電源盤とは接続しないため、ゲートウェイを利用した情報取得・遠隔操作などのサービスはご利用いただけません。Tebra cellの電池残量が少なくなった際、ご自宅の玄関扉の解錠・施錠の操作をしたタイミングで通知を受け取ることができます。
※1: Tebra認証キーで解錠・施錠した場合は通知されません。
※2: オプションでご契約されたお客様のみご利用いただけます。
※3: 詳細は別紙「Tebra plug / Tebra cell取扱説明書」をご確認ください。
  プレミアムプラン スタンダードプラン ライトプラン
錠の種類 Tebra plug Tebra plug Tebra cell
錠と接続する機器 操作電源盤、ゲートウェイ、ルーター 操作電源盤との接続のみ なし
共用部の解錠
専有部の解錠・施錠
合鍵の発行と管理 合鍵の発行
合鍵の時間・回数設定
合鍵の有効 / 無効切り替え
Tebra認証キーの有効 / 無効切り替え × ×
通知機能 外出 / 帰宅(自宅玄関) ※1 ※1
電池減 × ×
長時間未使用 × ×
閉め忘れ × ×
遠隔管理 解錠・施錠状態の確認 × ×
遠隔施錠操作 × ×
他機器との連動 connectカメラ連動 ※2 × ×
警備連動※3(玄関前操作) ×